今より年収を上げる自営業

近年、IT業界において独立する企業が増えてきました。
SEOやインターネット広告、ホームページ制作やアプリ開発など、IT業界を動かすために必要不可欠なものを総合的に、あるいは細分化したものを集中的に取り組み、利益を上げています。
これは、IT業界における多くの仕事は資格が必要なく、ネット環境さえあれば場所を選ばず、利益を上げやすいという点で独立し、自営業として仕事をする人が増えているということでしょう。

独立すると収入の仕組みが変わります。
企業勤めしていれば、仕事内容や案件の違いに関わらず、毎月固定の月額か年収を12ヶ月で割ったものを給料として手に入れます。
しかし自営業の場合、案件ごとにことなる金額が売上として入り、そこから必要経費をひいた金額が利益として手に入ります。
したがって、金額の高い案件が増えれば収入が増え、結果として年収も高くなります。
企業に守られる環境ではないため、軌道にのるまでは非常に険しい道のりですが、一度軌道にのると会社勤めしていた時の数倍以上の収入アップが見込めるようになります。
ちなみに、確定申告を自分で行う個人事業主にとっては注目すべき、納税額が左右する節税対策もあるようです。

自営業にて経営をしていくのは非常にしんどい一面もありますが、扱う案件や取引先によって驚くほど年収が上がる場合も多く見られます。
そんな独立を今後もし検討するのであれば、場所と時間を問わず仕事を進められ、比較的安定して案件や需要が見られるIT業界にて検討することが、賢い選択の一つとしてあげられるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

question razz sad evil exclaim smile redface biggrin surprised eek confused cool lol mad twisted rolleyes wink idea arrow neutral cry mrgreen

*